現代建築

新旧比較。新歌舞伎座を「腰巻」にしたホテルロイヤルクラシック大阪の出来栄えやいかに

2019年12月に開業予定のホテルロイヤルクラシック大阪。かつての新歌舞伎座の外観を一部再現したいわゆる「腰巻建築」です。あの個性派をどんな風に取り込んだのか、その出来栄えを見てきました。 まずは新歌舞伎座の解体前の姿 ...

中野サンプラザのイラストは細部に神が宿っていた

残念ながら解体が決まってしまった中野サンプラザ。その建設当時のイラストを見る機会があったのですが、あまりに素晴らしかったのでビルへの惜別の想いも込めてご紹介。 日本最大級の一般参加型建築イベントであるイケフェス大阪20...

館内撮影が解禁!国会図書館関西館で撮るガラスの美

けいはんな学研都市の中核施設である国立国会図書館関西館。 陶器二三雄建築研究所が設計を手がけ、日本建築学会賞やBCS賞などを受賞した美しいガラスの建築です。洗練された館内は長らく撮影NGだったのですが2018年6月15日、つい...

遺跡みたいな名護市庁舎を探検する

もし遺跡建築なるジャンルがあればその筆頭に挙げられるであろう沖縄・名護市庁舎の探検記録です。

雪のラ コリーナ近江八幡

雪が積もった藤森照信さんの建築をいつか見てみたい!その夢をラ コリーナ近江八幡で叶えてきました。

大阪のファンキー建築 オーガニックビルの見学会へ

外壁から飛び出た132個の植物ポッドが目を引くオーガニックビル。今回、イケフェス大阪2017のプログラムに当選して内部見学をする機会を得ました。外観に負けず劣らずの魅惑的空間をご堪能下さい。

十和田市に世界的建築家3人の作品が集結!現代美術館と図書館とトワーレを巡る旅

青森県十和田市がいまアツい!西沢立衛が手がけ、大人気スポットとなった十和田市現代美術館に加えて安藤忠雄、隈研吾が設計した公共施設が相次いでオープン。人口6万人余りの地方都市に世界的建築家3人の作品が密集する凄い状態になっています。 十和田...

大阪から坂倉準三が消えてゆく

日本建築界の巨匠として丹下健三、前川國男らとともに名をはせた坂倉準三。大阪にかなりの数の作品を残しましたが現在では多くが解体or解体の危機に瀕しています。そんな状態にある大阪の坂倉建築を、最近消えてしまった2作品を含めて5つほど紹介します。...

浮遊する名建築。寒河江市役所と東光園が登録有形文化財に ②

祝!戦後モダニズム建築登録有形文化財登録答申! 前回の寒河江市役所庁舎に続く第2弾記事。今回とりあげるのは鳥取県米子市の皆生温泉にある東光園本館です。

浮遊する名建築。寒河江市役所と東光園が登録有形文化財に ①

2017年7月21日、新たに登録有形文化財に指定される244の建造物が公表されました。おっ!と目が止まったのが寒河江市役所庁舎と東光園本館の2棟。戦後モダニズムの傑作に分類される名建築です。