現代建築

花より建築?京都国際会館に桜見物に行ってきた

3月28日から31日の日程で開催されていた「京都国際会館2021 Open Day さくらスペシャル」。建築目当てで赴いたら、想像以上に桜が綺麗だった話。 地下鉄の終着駅を降りてなお続く長い地下通路。少々ゲンナリした気分は、...

大和文華館で満開の桜と吉田五十八の建築を愛でる

奈良有数の高級住宅街、学園前に佇む大和文華館。近鉄グループが運営する3つのミュージアムのうちのひとつで、日本、中国、朝鮮半島などの美術品2000点を所蔵します。 丘陵地の木々に囲われ、エントランスからは全貌を見ることはできま...

解体を前にした御堂筋ダイビルはぞっとするほど美しい

ステンレスを纏った工業製品のような御堂筋ダイビル。その解体が近づいています。 御堂筋ダイビルは昭和39年(1964)、東洋工業大阪支社ビルとして完成。東洋工業は今のマツダ。1、2階が車のショールームでしたが、未来的なイメージ...

京都国際会館にカフェ!建築見学がずっとお手軽になりました

類まれな造形美でひとびとを魅了する国立京都国際会館。丹下健三の弟子、大谷幸夫による特A級の名建築です。 これまで限られた機会にしか見学できませんでしたが、10月1日にカフェがオープン。月に数回の一般開放日が設けられたので早速お邪魔し...

西武大津店の階段美と吹き抜け空間【菊竹建築】

菊竹清訓が設計した西武大津店(西武大津ショッピングセンター)の見どころは何といっても外階段! 建物の東西それぞれの側面に、外階段が付いています。 千日デパート火災、大洋デパート火災、西武高槻ショッピング...

その名は銅仮面!ラコリーナ近江八幡に車輪付き藤森建築が誕生

滋賀県有数の観光スポットとなったラコリーナ近江八幡に小さな臨時販売所『銅仮面』がオープンしました。手がけたのはもちろん藤森照信さん。 『銅仮面』というおっかない名前ですが、その姿はとてもユーモラス。制作過程の一部はTBS系「...

東京讃岐会館②大江宏×ジョージナカシマの名作モダンホテル~朝編~

夜編に続く東京さぬき倶楽部(東京讃岐会館)の宿泊記第2段 高層ビルのスキマから太陽が昇ってきました。 六本木ヒルズが朝日に染まります 麻布十番という地にありながら好展望。再開発が決まっている旧逓信...

東京讃岐会館①大江宏×ジョージナカシマの名作モダンホテル~夜編~

麻布十番の隠れ家的ホテル、東京さぬき倶楽部(東京讃岐会館)が本来の予定を4ヶ月ほど前倒しして、2020年4月末に営業を終えることになりました。 建物は1972年、香川県および東京香川県人のための宿泊・活動拠点として完成。香川県文化会...

施設内覧 奈良県コンベンションセンターと校倉造りと木の技巧

奈良県コンベンションセンター開業レポ第2段。奈良 蔦屋書店に続いて複合施設の核となるコンベンション施設を紹介します。 コンベンション施設は天平広場を挟んでNHK、観光振興施設(蔦屋書店)と向かい合います。外観のモチー...

名建築巡り 津山文化センターの「斗栱」と魅惑の内部空間

津山文化センターが2年におよぶ休館を経て4月1日に再オープン!その記念としてリニューアル前の2017年に撮った写真を掲載します。どこが変わったか、訪問の際に見比べてるのも楽しいかもしれません。 外観を特徴づけているのは社寺建...
タイトルとURLをコピーしました