旅・いろいろ

三輪そうめんカフェ併設の「てのべ たかだや」がオシャレすぎる

大神神社がある三輪は、そうめんで知られる町でもあります。2020年3月、大鳥居から歩いて5分ほど場所に、マル勝髙田商店によるカフェ併設の新店舗「てのべ たかだや」がオープンしました。

コンセプトは「新しい食べるシーンを生み出すこと」

三輪そうめんの工場や直営店が並ぶエリアで「てのべ たかだや」ひときわ異彩を放っていました。

店内はジャズが流れていそうな、とても上質な空間。

三輪そうめんが美術工芸品のように並びます。従来のイメージが覆される圧倒的なビジュアル。商品ラインナップは手延べそうめんにパスタ、そばを加えた全13種。陳列台が黒いので、カラフルな商品は特に映えます。

つるり、もっちり、とろりなど、噛み締めた時の食感がそのまま名前になりました。オープンに合わせて商品を一新。これならギフトにもらっても嬉しいですね。

プロデュースを手がけたのはGRAPH(グラフ)。マル勝高田商店のwebサイトも刷新されていることなどから商品デザインだけじゃなく、広く企業ブランディングにまで携わったと思われます。GRAPHは奈良県内では天理駅前のコフフンもプロデュースしてますね。

店内のカフェスペース『sumen』はメニュー開発から取り組んでいます。「もっと手軽に、カジュアルにそうめんを食べてもらいたい」という思いが溢れ出ているようでした。

■海老塩金つゆ
いりこと干しエビの出汁に梅酢を加えて、
さっぱりと仕上げた上品な味わいの塩つゆ
●温(合わせ出汁) 500円
●温(鶏ガラ) 600円
●冷 700円

■本格黒つゆ
干し椎茸と鰹の出汁を効かせた風味豊かな味わい。
素材の味と旨味が楽しめるベーシックな黒つゆ。
●温 500円
●冷(ねぎ) 600円
●冷(とろろ) 780円

■たっぷり胡桃白つゆ
黒つゆをベースにたっぷりの胡桃を加え、
隠し味の白味噌でまろやかに仕上げた胡桃つゆ。
●温 700円
●冷 700円

■奈良の茶飯いなり
●300円

※素麺は「さらり」と「つるり」から選択

ドリンクもこだわっていて、例えばコーヒー(450円)はUnir京都のコーヒー豆、吉野の梅スカッシュ(500円)は堀内果樹園のシロップを使っています。

外を眺められる席もあります。椅子もおしゃれ!

なお、メニューに使われる本格黒つゆ(750円)、海老塩金つゆ(750円)は瓶でも販売。たっぷり胡桃白つゆはカフェ限定で、ここでしか味わえません。

建物は住友林業が設計。2階はマル勝髙田商店のオフィスとして使われます。古い業界だからこそ、若い人が働きたいと思える職場づくりが大切ですね。

正面の窓に映る三輪山。三輪山そのものが大神神社のご神体です。

「てのべ たかだや」
所在地 奈良県桜井市芝374-1
定休日 年末年始・水曜日
営業時間 9:00~17:00
物販 9:00~17:00
飲み物・甘味 10:00~16:30(LO)
食事 11:00~16:00(LO)
webサイト


プロフィール

超高層ビルから茅葺民家まで色々と。建物のあるイイ風景を求めて都市、町、村を巡ります。