shoken

電通の3つの本社ビルとその歴史

世界最大手クラスの広告代理店である電通は、企業規模の拡大にあわせ銀座、築地、汐留と拠点を移してきました。現存する3代の本社ビルを、電通の歴史とともに辿ります。 銀座 電通は1901年、電報通信社として創業。本社ビルなどは当然持...

花より建築?京都国際会館に桜見物に行ってきた

3月28日から31日の日程で開催されていた「京都国際会館2021 Open Day さくらスペシャル」。建築目当てで赴いたら、想像以上に桜が綺麗だった話。 地下鉄の終着駅を降りてなお続く長い地下通路。少々ゲンナリした気分は、...

大和文華館で満開の桜と吉田五十八の建築を愛でる

奈良有数の高級住宅街、学園前に佇む大和文華館。近鉄グループが運営する3つのミュージアムのうちのひとつで、日本、中国、朝鮮半島などの美術品2000点を所蔵します。 丘陵地の木々に囲われ、エントランスからは全貌を見ることはできま...

解体を前にした御堂筋ダイビルはぞっとするほど美しい

ステンレスを纏った工業製品のような御堂筋ダイビル。その解体が近づいています。 御堂筋ダイビルは昭和39年(1964)、東洋工業大阪支社ビルとして完成。東洋工業は今のマツダ。1、2階が車のショールームでしたが、未来的なイメージ...

雪と濃霧の生駒山上幻想遊園地

1月12日、奈良は数年ぶりの大雪に見舞われました。ふと思い立って生駒山上遊園地に出向いたのですがこれが大正解。想像もしなかった別世界に迷い込めました。 生駒山上へはケーブルカーで向かいます。宝山寺駅から先、乗客は私だけ。標高...

新宮の大建築、天理教南海大教会の神殿と旧神殿

エメラルドグリーンの熊野川に面した天理教南海大教会。和歌山県における天理教の教会第1号で、神殿はその歴史を反映して巨大。新宮市随一の存在感を誇ります。 その大きさは、2両編成の列車と比べると一目瞭然。三重県と和歌山県の県境、...

木造&ガラス ぶどう用のレトロな温室が面白い

奈良の山すそで見かけた農業用ハウスがメチャメチャに魅力的だったのでご紹介 最初に発見したのがこの4棟並び。妻側の入り口部分は昔の小屋っぽいのに屋根はスケスケ。その不思議なギャップに目が釘付けになりました。 ...

三州碧城 天守とビルが合体したキメラ建築

前は天守、後ろはビル。愛知の碧南市をウロウロしてたら大胆なキメラ建築に出くわしました。城を模した建物はたまに見かけますが、これほど見事な半身天守は初めて。ちょっと面白いので調べてみました。 西三河地方を指す「三州」と碧南市の...

見学ツアーに参加② 呉・桜松館

桜松館(おうしょうかん)があるのは青山クラブのすぐ隣。 日露戦争で沈没した軍艦「吉野」の桜(吉野山の桜)と、「高砂」の松(高砂神社の相生の松)を名前の由来とした旧海軍遺産で、現在の建物は昭和4年に建てられた2代目となります。...

見学ツアーに参加① 呉・青山クラブ(旧呉海軍下士官兵集会所)

2020年頃までに解体されるはずが映画「この世界の片隅に」に登場したことで注目を浴び、一転存続への道が開けた青山クラブ。 建築イベント「ひろしまたてものがたり」のツアーに参加し、隣の桜松館ともども見学してきました。 青...
タイトルとURLをコピーしました