およそ100年ぶりに現れた中之島図書館の背中

近代建築・古建築

中之島図書館の裏側にくっついていた2つの書庫棟が取り壊され、およそ100年ぶりに図書館の裏側(1号書庫)が姿を現しました。

3号書庫(左)と2号書庫(右)。大阪市中央公会堂から撮影(2009年)

100年ぶり…という事は無くなった建物も古かったわけで、直結していた2号書庫は大正5年築、3号書庫は昭和2年築。「中之島図書館=住友家の寄付」なイメージが強いですが、2つの書庫棟は府が費用を出し、府営繕課が設計しました。

正面側

明治37年の開館当初、中之島図書館は本館と1号書庫のみの十字形。まず、2号書庫の増築によって裏側に伸び、その後、左右両翼を増築してこの写真の姿となりました。

中之島図書館の建物年表と蔵書数の推移をまとめたのが以下。青文字は今回の大規模改修工事で解体される建物、緑文字は耐震改修、赤文字は重要文化財部分※耐震改修済みを示しています。

明治37年中之島図書館(本館および1号書庫)開館30,155冊
大正3年度109,186冊
大正5年2号書庫
大正11年 左右両翼(北館および南館
大正13年度186,055冊
昭和2年3号書庫
昭和9年度253,265冊
昭和21年度356,728冊
昭和32年度404,252冊
昭和35年事務棟、別館
昭和36年食堂棟
昭和44年電気棟
昭和48年度608,716冊
昭和58年度728,012冊
昭和63年度838,484冊

蔵書数が100万冊を超えてピークになったのが1995年。その翌年、新たに開館した大阪府立中央図書館(東大阪市)に7割の蔵書を移したことで、中之島図書館は大阪関連本、ビジネス書などに特化。現在は約55万冊を収めています(うち、2号書庫は19万冊、3号書庫は29万冊)

2022年3月の解体現場。

2号書庫はレンガ造だったため、赤レンガが山と積まれていました。

3号書庫は鉄筋コンクリート造。木製扉には風格ある錠前も見えました。

2022年5月、背中が露わになりました。左の電気棟の解体が進むと、さらにスッキリします。

2号書庫増築時に開けたと思われる接続通路。上の窓まわりは120年前のままでしょうか。住友本店臨時建築部の野口孫市らが腕をふるいました。

中之島図書館を象徴するドームも見えるように。

府立中之島図書館の大規模改修工事(耐震補強工事)について

今後、2つの書庫棟に代わって、地上5階建て、延べ床面積1800㎡の新書庫棟(令和6年完成予定)が建てられます。建物規模が1.5倍になるだけでなく、集密書架もしくは自動書庫が導入されれば、面積効率も大きく改善することでしょう。

5月時点で事務棟が解体中

楽しみなのは解体完了→新書庫棟着工までの期間。本館、南館、1号書庫の裏側が丸見えになり、大正後期さながらの後ろ姿が拝めるかもしれません。


プロフィール
shoken

超高層ビルから茅葺民家まで色々と。建物のあるイイ風景を求めて都市、町、村を巡ります。Twitterでは建物の写真、更新情報などを発信中

タイトルとURLをコピーしました