洞泉寺遊廓・旧山中楼にお別れを

近代建築・古建築

大和郡山・洞泉寺遊廓で取り壊される4つの妓楼のうち、旧山中楼が一般公開されました。

1901(明治34)年築との記録が残る木造3階建ての旧山中楼。昭和33年に営業を終え、5年ほど前まで個人宅として使われていました。

玄関を入るとまず目に飛び込んでくる写真場。洞泉寺遊廓は写真で娼妓を選ぶシステムでした。

見上げると竿縁天井と格天井。建具や欄間も凝ってます。

毎日新聞の記事で取り上げられていた鏡。「山中楼」の下には販売元らしきガラス屋さんの名前と3ケタの電話番号がありました。ちなみにその記事が発端となり、山中楼が公開されることになったといいます。

1階の中庭をぐるっと回遊。左下部分はミニサイズの太鼓橋。

雨対策のビニールをめくると、ひょうたん型にくり抜かれた石とお社が。

中庭に面した渡り廊下、富士山がそびえます。

違い棚、金箔が貼られた天袋、床柱

戸を開け放つと中庭に繋がります。

廊下を占拠する階段を使って2階へ。ちなみに建物の一番奥には階段がもう一つあります。客との動線を分けていたのかもしれません。

2階には小部屋が並びます。娼妓さんたちの仕事場であり、生活の場でした。

欄間

親格子の間に2本の格子。隣の町家物語館(旧川本楼)と同じですね。

その町家物語館の格子のスキ間から見る山中楼

階段が2つ並ぶのが面白い。昔は一方通行だったかも。

3階も同じく小部屋フロア。廊下との間にはそれぞれ穴が空いてます。悪さをするお客さん対策と聞きました。

旧字体×旧字体

中庭

旧山中楼含め、4つの妓楼が見渡せました。数日後にはその全ての取り壊し工事が始まります。

最後は幸せの猪目模様。風呂場にあった隠しアイテムです。

消滅危機遊廓、大和郡山市の洞泉寺と東岡
金魚で知られる大和郡山市は奈良三大遊廓のうちの2つを有する街でもありました。残念ながら、そのどちらもが重大な危機に瀕しています。 まずは郡山町洞泉寺遊廓跡。かつては17軒の妓楼が立ち並んでいましたが、昭和33(1958)年の売...