【名建築カフェ】近江八幡ユースホステル(蒲生郡勧業館)

近代建築・古建築

ラ コリーナ近江八幡でのランチをちょっと我慢。今回はその2km先、国登録有形文化財である近江八幡ユースホステルにお邪魔することにしました。

建物は1909年の完成。産業奨励の拠点である蒲生郡勧業館として建てられました。

今でこそ、ぽつんと一軒家のような佇まいですが、当初あったのは市中心部の八幡堀沿い。正面に橋が架かっていました。
※八幡堀は屋形船が行き交う観光エリア。映画「るろうに剣心」といった映像作品のロケ地としても人気があります

明治中期以降流行しだす総二階木造和風の公共建築。真壁造で,腰を竪羽目とし,連続窓により立面をつくる。瓦葺入母屋の大屋根を架け,正面中央に唐破風の玄関を付ける。虹梁・笈形付大瓶束の玄関妻飾や内部の大階段などの凝った造りが見所となっている(国指定文化財等データベース

器の形を模した「大瓶束」(たいへいつか)と、その両脇の雲形装飾「笈形」(おいかた)

大きな玄関とそこに施された細工は、多くの人の目に触れることを意識したデザインだったのでしょう。

蒲生郡勧業館から公会堂、公民館と用途が変わり、解体危機を乗り越えて現在地に移築。ユースホステルとして歩み始めたのが1966年です。

玄関の天井が折上げ格天井であることからも、力の入れ具合が伝わってきます。

館内は古き良きユースホステルの雰囲気。

階段の親柱が凝ってますね。なお、2階は宿泊者限定です。

カーペンターズのレコードが流れるなか、ランチは窓際でいただきました。

近江牛合びきミンチの煮込みハンバーグ ポーチドエッグ添え(セット価格1350円)

ほかに近江牛すじカレーライス、近江牛合びきミンチのカリッとメンチカツといったメニューがありました。

玄関ロビーではプリン、ティラミスといった持ち帰りスイーツも販売しているので、食事、宿泊目的じゃなくても立ち寄り可能だと思います。

周辺は人家が少なく、夜はおそらく虫の音に包まれます。ユースホステル利用もいいでしょうね。
Hako te Ako
滋賀県近江八幡市円山町610
近江八幡ユースホステル内
定休日:火曜 水曜日(祝日の場合は休み)
Open 10:00~ Closed 16:00/Last Order 15:00
TEL 080-8529-1360
※12:00までの来店に限り 予約可
公式HP

その名は銅仮面!ラコリーナ近江八幡に車輪付き藤森建築が誕生
滋賀県有数の観光スポットとなったラコリーナ近江八幡に小さな臨時販売所『銅仮面』がオープンしました。手がけたのはもちろん藤森照信さん。 『銅仮面』というおっかない名前ですが、その姿はとてもユーモラス。制作過程の一部はTBS系「情...