梅田1丁目1番地計画の巨大模型と現物比較

阪神百貨店と新阪急ビルとを一体で建て替える梅田1丁目1番地計画。竹中工務店本社に展示されていた巨大模型と現場を見比べながらプロジェクトを紹介します。 梅田1丁目1番地計画の設計施工を担当する竹中工務店。御堂筋と本町通の交差点に立...

堺筋本町に復活 今井兼次氏のタイルアート「糸車の幻想」

大阪商工信用金庫の新本店ビル完成に伴って今井兼次氏の陶片タイル作品「糸車の幻想」が公開されました。

イトーヨーカドー奈良店の最後の1日

2017年9月10日に閉店したイトーヨーカドー奈良店。その最後の一日を追いました。

平城宮跡を一望。イトーヨーカドー奈良店の屋上から見えた風景

9月10日にイトーヨーカドー奈良店が閉店するので屋上からの眺めを記録に残しておきます。

大阪から坂倉準三が消えてゆく

日本建築界の巨匠として丹下健三、前川國男らとともに名をはせた坂倉準三。大阪にかなりの数の作品を残しましたが現在では多くが解体or解体の危機に瀕しています。そんな状態にある大阪の坂倉建築を、最近消えてしまった2作品を含めて5つほど紹介します。...

天理教の本部神殿を見学。そこにあるのは3157畳の大空間と祈りの場

世界に100万人超の信者を抱える天理教の教会本部。威容を誇る神殿はその巨大さに対して気軽な見学が可能です。新興宗教はちょっと…と敬遠してしまうのはあまりにもったいない!そこには驚きの大空間が広がっています。

超弩級!天理教の「おやさとやかた」は全長3.5kmの大建築構想だ

日本最大の宗教都市である奈良県天理市。所狭しと立ち並ぶ天理教の施設が、国内唯一無二の景観を見せてくれますが、その景観形成に大きく貢献しているのが「おやさとやかた」と呼ばれる建物群です。

いたすけ古墳の朽ちた橋の物語

2017年7月、大阪にある「百舌鳥・古市古墳群」が世界文化遺産に推薦されることが決まりました。 墳丘長486mの「仁徳陵古墳」(大仙古墳)や同425mの「応神陵古墳」を筆頭に約50基で構成される古墳群ですが、そのなかに橋の痕跡が残る世にも...

夏の夜の若草山へ!格安臨時バスで山頂に夜景を見に行こう

山焼きで有名な奈良の若草山。夏期・曜日限定ですが山頂までの夜景鑑賞バスが出ているのはあまり知られていません。

呉・海自基地と「この世界の片隅に」の舞台をビュー・ポートくれから眺める

「この世界の片隅に」のクラウドファンディングが始まり、瞬く間に目標金額に達した2015年3月。私はなにも知らずに呉の町にいました。 宿泊したのは呉駅から「めがね橋」方面にむかって海側に立つビュー・ポートくれ。呉海員会館の正式名称...