特別開放!OMMビル屋上スカイガーデンの西側からの夜景

高層・都市・眺め

大阪都心のビル群を一望できるOMMビルのスカイガーデンは、年に数回のみ、普段立ち入れない西側が開放されます。

天満橋のたもとに立つOMMビル。正式名称を大阪マーチャンダイズ・マートビルといって事務所用途(京阪電気鉄道本社など)のほか、催し物会場などに使われます。

21階にあるスカイガーデン東側は都市風景を眺められるビルマニアご用達スポット。ただ、22階レストランフロアに阻まれて、中之島方面がキレイに見渡せないというネックがありました。

その問題をスカイガーデン西側は解消してくれます。北浜から中之島、梅田方面を一望。川とビル群の組み合わせはまさに水都大阪 ※なお、全て手持ち撮影なので低画質なのはご容赦を

中之島公園は「大阪・光の饗宴2019」の真っ最中。重要文化財である大阪市中央公会堂の壁面にプロジェクションマッピングなどが投影されます。

天神橋や難波橋、鉾流橋などが美しくライトアップ。阪神高速の橋脚もカラフルに。中之島公園東端の剣先からは一定周期で噴水が上がります。

タワーマンションの向こうが梅田周辺。超高層オフィスやホテルが林立します。

The Kitahamaは現時点で日本一高いタワーマンション。夜の闇に溶け込む漆黒のビルですが頂部のクラウンは明るくライトアップされます。下の通りは土佐堀通。

北側最高峰はOAPタワー。三菱金属大阪製錬所跡地を再開発したので今でも三菱系の企業が多く入居します。残りの高層ビルは全てタワーマンション。左奥に千里中央の駅前2棟がちょこっと。

南は何といってもあべのハルカス。昼間ほどは目立たないので見逃し注意です。

大阪城天守も眺望可。ただ、スカイガーデン東側からのほうが見やすいですね。

いかがだったでしょう。特に中之島方面の眺望が素晴らしく、日程さえ都合がつけば是非訪れてみて欲しいスポットです。2019年の特別開放日程を記しておくので参考にして下さい。ちなみに見学は無料です。

令和OSAKA天の川伝説2019
7月7日

生きた建築ミュージアム フェスティバル大阪2019
10月26日

大阪光の饗宴2019
12月22日~12月25日
※筆者が把握している範囲

特にオススメは毎年7月7日開催の令和OSAKA天の川伝説
“いのり星”と呼ばれる7万個もの電球が大川を埋め尽くします。スカイガーデンも大混雑ですが見応えは抜群です。