ホテルに再生される任天堂旧本社ビルを見てきました

京都にある任天堂旧本社ビルがホテルに生まれ変わることになりました!

山内房治郎が社長を務め、トランプと花札の製造でぐんぐん業績を伸ばしていた1933年(昭和8年)、合名会社山内任天堂の社屋として完成しました。

所在する下京区鍵屋町は、鴨川と高瀬川に挟まれた静かなエリアながら、すぐ近くには花街の痕跡が色濃く残っています。

間口約10m、奥行き約80m。鰻の寝床のような細長い敷地に、3棟の建物が奥へと連なります。1959年にJR鳥羽街道駅前に本社が移った後は営業所になり、近年は閉鎖状態でした。

ホテルの完成イメージです。今回のホテル化計画「(仮称)かぶやまProject」では既存建物を改修、一部新築し、20室の客室、レストラン・バー・ジム・スパなどを設置することが明かされました。レストランは宿泊者以外も利用可能です。

2つのモノクロ部分が新築で、裏手でL字型に繋がっていると思われます。一方、黄色の既存建物3棟は外観に変化ありません。改修はあくまで内部に限られるようです。

住所京都市下京区正面通木屋町東入北側鍵屋町 342
交通京阪本線「七条」駅下車徒歩 4 分
開業予定日2022年夏(コロナ禍で当初より1年遅れ)
事業主株式会社山内(任天堂創業家の資産管理会社)
運営会社株式会社Plan・Do・See
かぶやまProject計画概要

Plan・Do・Seeの発表

設計監修が安藤忠雄建築研究所、設計がノム建築設計室、施工が大林組です。

具体的な客室イメージは明らかにされていません。再生事業を主導するPlan・Do・Seeは旧李王家邸、島津製作所旧本社、大阪市公館といった国内外多数のリノベーション実績があり、いずれも既存建物を尊重。神戸オリエンタルホテルなど4ホテルを運営中なのでノウハウは十分といえるでしょう。

館内はアール・デコに彩られてた空間です。トランプや花札に興じられるプレイルームができれば、特別な時間を過ごせるに違いありません。

マリオやカービィ、ゼルダの伝説のリンクといった歴代の人気キャラクターとのコラボがあるかも注目ポイントです。※TVゲーム分野にはこの社屋時代には進出していません

正面の棟は洋風。奥の2棟は洋風でありながら屋根が瓦だったり小屋が載ってたりと和洋折衷。塀にはスクラッチタイルが用いられています。

丸福はかつての屋号です。

玄関脇に敷き詰められた泰山タイル。

世界中の任天堂マニアが集う聖地になるでしょうね。この扉が開く日を待ちわびています。

↓後日、任天堂資料館の新設も発表されました。