旅・いろいろ

新しい大和郡山市庁舎は金魚推し!

2022年5月、大和郡山市の新市庁舎がオープンしました。金魚の産地にふさわしく建物内は金魚に彩られています。

まずは長さ3mの巨大水槽がお出迎え。ロビー中央にデンッと鎮座して違和感がないのは、大和郡山ならではといえるでしょう。

大和郡山のブランド金魚16種、約100匹が泳ぎ回ります。

生体ばかりじゃありません。金魚モチーフのデザインがあちこちに。

金魚の形にマグネットが配置されているのは、掲示物がまだ無いがゆえのオープン特典??矢印も金魚です。

会議室を使うと…

こうなります!

ところどころの菱形は旧藩主、柳沢家の家紋「郡山花菱」をモチーフにしたとか。

金魚と家紋。トイレの洗面台はそんな2つがコラボします。

これだけ金魚を浴びると、もはや色だけで金魚を想起します。

旧庁舎からの引き継ぎ、金魚すくい用応接セットの一部ですね。

隣の山田守設計の旧庁舎はこれから取り壊し予定。

旧市庁舎にて
旧市庁舎にて

旧庁舎時代も金魚推しでした。新庁舎はサイン等に最初から金魚を組み込んでいます。

新庁舎を設計したのは梓設計。山田守の旧庁舎に敬意を払い、デザインの一部踏襲を検討したそうですが、ちょっと見つけられませんでした。

完成イメージ

庁舎はまだ完成形ではありません。旧庁舎取り壊し後、正面玄関を兼ねた交流棟が建設されます。

近くの商店街が金魚ストリートを名乗るなど、金魚は市内の観光活性化に一役買っています。新たな市庁舎もそんなスポットの一つになりそう。他にも金魚はちょこちょこいるので、探し回るのも楽しいかもしれません。


プロフィール
shoken

超高層ビルから茅葺民家まで色々と。建物のあるイイ風景を求めて都市、町、村を巡ります。