梅田スカイビルのフリーパスが超お得!この夏は気軽に空中庭園へ

高層・都市・眺め

2020年夏、梅田スカイビル空中庭園展望台にサマーフリーパスというチケットが登場しました。9月30日まで入場し放題といった太っ腹な内容にも関わらず価格は驚きの2800円。これがどれほどお得なのか、解説していきます。

フリーパス販売は梅田スカイビルさんの公式Twitterで知りました。

●購入日から2020年9月30日まで何度でも入場可能
●梅田スカイビル「カプセルフィギュア」1点プレゼント
●「cafe SKY40」で使えるドリンク引換券1枚プレゼント
●「世界のビール」一律400円(通常料金600円)
●「cafe SKY40」「UMEDA SKYBLDS GALLERY SHOP」の商品10%オフ

通常のチケット料金は大人1500円、フィギュアは400円、ドリンクは400円~600円程度なので、初回でほぼ元が取れる計算です。

普段はカプセルトイとして販売されている5種類のフィギュアの中から、自分でお気に入りを選べるのも嬉しいポイント。制作は海洋堂です。

フリーパスは朝(青)、夕(オレンジ)、夜(ダークブルー)の3色があって、こちらもお気に入りを選べます。購入そして使用時には身分証明書が必要なのでお忘れなく。

梅田スカイビル空中庭園展望台からの絶景。梅田を中心とした大阪都心部が一望できます。

この日はどんよりとした曇り空でしたが、これが逆に新鮮。1500円払うならと、いつもは「平日」の「快晴」の「夕方から夜」を狙ってしまいがち。

どんな天候であっても楽しめるのは、フリーパスの利点でしょう。

例えば記事執筆時点(7月26日)に購入、週1度使うと仮定すると、9月30日の期限まで10回利用できます。入場料金だけ考えても12200円お得。しかも、早く購入すればするほどお買い得。

季節、時間帯、天候によって景色は大きく変わります。1日2度くるだけでペイできるので、観光客であっても購入の価値はありますよ。

空中庭園展望台にいるのは警備員さんと私だけ。そんな瞬間もありました。コロナによるインバウンド消失が無ければ、フリーパス販売はありえませんでした。賑わいが戻って欲しいと願いつつ、今は独占状態を楽しみます。

梅田スカイビルの入場時間は9時30分~22時30分。買い物ついでや仕事終わりにふらっと立ち寄るのも良いですね。

この夏は空中庭園を自分の庭にできるチャンス。厄災続きでたまったストレスは、地上173mの風に吹き飛ばしてもらいましょう

空中エスカレーターも今なら混雑なし!