京都市役所の屋上庭園

ステンドグラスと階段を堪能し、お目当てである京都市役所の屋上庭園へ。

屋上庭園は塔を中心にし、コの字に整備されました。開放時間は平日の朝8時から夕方6時まで。土日はお休みです。

ところどころ植栽され、いくつかベンチが置かれます。市役所への用事ついでの休憩に丁度いい感じ。暑さ対策にドライミストも散布されていました。

京都市役所が立地するのは御池通と河原町通が交わる中枢エリアです。眺望は良いとは言えません。昭和2年竣工の建物自体が見どころといえるでしょう。

塔を間近で鑑賞。エキゾチックな意匠は、武田五一が監修したといいます。

両翼の先端部、キノコみたいな装飾がそれぞれ4つ付いています。

京都ホテルオークラを邪魔ものと考えず、塔と対比させるのが楽しい見方。

画像出典:京都市「新庁舎整備に係る実施設計について」

面白い形の水槽が載る北庁舎は、10月から建て替えがスタート。西庁舎建て替え→分庁舎新築→本庁舎改修と、長期間にわたった庁舎整備を締めくくります。

ほかに何かないかなーと見回すと、ビルの隙間のはるか向こう、珍しい組み合わせを発見しました。

祇園閣と霊山観音です!