旅・いろいろ

奈良 蔦屋書店で「日本庭園」を愛でながらBOOK&CAFE!

近鉄新大宮駅から歩いて10分ほど。かつての県営プール・警察署跡地に「コンベンション施設」「観光振興施設」「JWマリオット・ホテル奈良」「NHK奈良放送局」が一体的に整備されました。

そのうちの「観光振興施設」のメインテナントが、奈良 蔦屋書店です。

正面エントランスがあるのは大屋根におおわれた天平広場側。コンベンション施設のちょうどお向かいです。 ※なお、撮影禁止マークがありますが、お店の内装、雰囲気を伝えるような写真ならどうぞーとの事。本の中身などはもちろんNG。ほかのお客さんの迷惑にならないようにも注意!

入ってすぐが器の売り場であることからわかるように文具、雑貨類など様々なモノが並ぶライフスタイル発信型店舗です。

「文化に囲まれ、毎日、好奇心の扉を開く場」

それが奈良蔦屋書店のコンセプト。もちろん本にも手を抜いていません。蔵書数は県下最大級の約16万冊です。

スタバがここにも出店。蔦屋書店とは相性抜群ですね。

購入したものを持ち運んで飲むスタイル。店内いたるところに設けられた椅子、ソファ、長テーブルなどで「BOOK&CAFE」を楽しめます。三条通り側にはテラス席も。

異色なのがこのミニ日本庭園。石と紅葉が据えられ、砂利が敷かれた本格派。平城京跡の東院庭園に着想を得て、設置されたのだそう。

名前はズバリ「奈良蔦屋庭園」。植えられる木々は、毎月のように入れ替わるのだそう。

真新しい木のベンチが日本庭園を愛でるようにコの字に囲みます。何となく野点っぽい雰囲気。珈琲よりも日本茶を飲みたい気分になりますね。

全国にオシャレ店舗を展開する蔦屋書店ですが、こんなスペースがあるのは奈良だけかも。

石は安山岩。基台の素材は吉野ヒノキです。

中川政七商店も出店してました。奈良を拠点に全国展開する生活雑貨工芸品店です。

2ヶ所の売り場は蔦屋書店とほぼ一体化。“「BOOK & CAFE」である蔦屋書店との初めてのコラボレーションによる、本と暮らしの道具と珈琲がじっくり楽しめる新たな試みの店舗”だそう。

「奈良蔦屋書店限定」なんて商品も。

名和晃平氏による鹿をモチーフにした作品。店内にはところどころにアートが置かれます。

木材が一面に貼られた壁。左の円は和紙を用いたアート。

年輪を見ながら階段をのぼります。

2階カフェスペースは60席。お昼はカレーライスも出すみたい。

天平ギャラリーでは奈良に縁のある作家や作品などが展示されます。なお、小さめですが学習参考書、コミック売り場も奥にあります。

期間限定っぽい販売コーナーも嬉しくて、このときは三重県鈴鹿市の和菓子屋さんが出店していました。

夜になると建物そのものがアートになります。

営業時間は朝8時~夜11時まで。街の文化レベルを引き上げる施設だと感じました。