イトーヨーカドー奈良店の最後の1日

2017年9月10日に閉店したイトーヨーカドー奈良店。その最後の一日を追いました。

イトーヨーカドー奈良店の開店前の様子。意外と静かだなぁと思ったのも束の間

駐車場側に回ってみるとこの混雑ぶり!

閉店記念(?)の紅白饅頭をもらうための長蛇の列です。500個が用意されましたが開店前に既に定数に達していました。

そして9時に開店。買い物客がお目当ての特売品に向かって急ぎます。

10時オープンのロフトはまだ静寂。1ヶ月の閉店セールの間に主だった商品は売り尽くしてしまったようです。

名物の6連エスカレーター。“節電”で一部休止が常でしたがこの日はフル稼働!

買い物客でごった返す店内に疲れて屋上に避難。悠久の歴史を刻む平城宮跡に心癒されます。近年は整備が進んでいて、奈良そごう開店時には無かった大極殿、朱雀門が復元されました。

9月10日にイトーヨーカドー奈良店が閉店するので屋上からの眺めを記録に残しておきます。

平城宮跡で一番歴史ある地上人工物は実は近鉄線かも。長屋王邸跡の発見。そごう、そしてイトーヨーカドーの開店と閉店を見届けました。

駐車場はもちろん満杯。立体駐車場や第2駐車場も満杯。

所狭しと貼られた“お客様からの声”。向かい側には“従業員からの声”もありました。

これは嬉しい展示!そごう時代とイトーヨーカドー時代を比較する画像です。

そして、その中に奈良そごう時代の「浮夢殿」を発見!バブルに酔い、バブルに散ったそごうを象徴する施設でした。

現在、浮夢殿は跡形もありません。吹き抜けは食料品売場に改装されました。贅を尽くした空間からの落差が。。。イトーヨーカドーは庶民の味方です。

日が暮れて、エントランスロビーの広目天、多聞天に灯りがつきました。

屋上から見える大極殿もライトアップ

生駒山に沈む夕日は残念ながら見られず。ですがイイ色に染まりました。

夜の装いのシースルーエレベーター。ド派手に上下します。

閉店時間の8時が着々と近づきます。店内にひびく蛍の光がこれほど沁みるとは。最後は従業員みんなでお見送り。

涙ぐんでる従業員さんもおられました。

これで終わりではありません。半分閉まったシャッターの後ろに従業員がズラッと並びます。そう、閉店セレモニーです。人生初参加!(最初はちょっと様子を見てくるだけのつもりだったのに…)

剣舞のオープンニングから

イトーヨーカドー奈良店の店長挨拶と花束贈呈。

「奈良店は永久に不滅です!」「イトーヨーカドーはいつか奈良市に戻ってきます!」

と、高らかに宣言されていました。

そしてホントの最後。

「ありがとー!!」の声が飛び交うなか、シャッターが(一瞬上がっちゃうハプニングがありつつ)降りていきました。みなさんお疲れ様でした!

イトーヨーカドーは2018年春に観光型複合商業施設「奈良平城プラザ(仮称)」として生まれ変わります。そして(詳細はよくわからないのですが)モンベルなどの極一部のテナントは一時閉店を経て、10月中旬頃から営業を再開予定です。