奈良監獄がホテルに!再生を歓迎する一方、ちょっぴり漂うコレジャナイ感…

明治の五大監獄のひとつ

なんてロマン溢れる響きでしょう。明治の近代化政策の一環として1908年に建設された奈良監獄。同時期に完成した長崎、鹿児島、金沢、千葉の四監獄が次々と姿を消すなか、2017年3月に廃庁となるまで現役の刑務所(奈良少年刑務所)として稼働していました。

続きを読む 奈良監獄がホテルに!再生を歓迎する一方、ちょっぴり漂うコレジャナイ感…

100万都市の中央郵便局

日本郵政が野村不動産を買収。驚きのニュースでしたね。日本郵政が有する郵便局は全国に2万4000以上あり、近年はその資産価値を活かして再開発する事例が増えてきました。豊富なノウハウをもつ野村不動産の買収は、不動産事業強化の流れをさらに加速させる日本郵政の意思表示ともいえるでしょう。

郵便局再開発事業のなかでも特に注目されるのが大都市圏の中央郵便局。かつて鉄道が郵便輸送を担っていた頃の名残で、現在もターミナル駅の駅前一等地に立地する場合が多いです。そこで、日本で人口100万を超える12の大都市にある中央もしくは駅前郵便局、そしてそれらの跡地再開発の現状を紹介したいと思います。

続きを読む 100万都市の中央郵便局