浮遊する名建築。寒河江市役所と東光園が登録有形文化財に ①

2017年7月21日、新たに登録有形文化財に指定される244の建造物が公表されました。おっ!と目が止まったのが寒河江市役所庁舎と東光園本館の2棟。戦後モダニズムの傑作に分類される名建築です。

山形盆地に位置する寒河江市庁舎。1967年に完成。若かりし頃の黒川紀章の作品です。

東光園は鳥取県の皆生温泉にある観光旅館で、登録対象となった本館は1964年、菊竹清訓の設計によって完成しました。

この2つの建築には大きな共通点があります。それは上層階が浮遊していること。柱で下から支えるのではなく、上から上層階を吊っているのです。

それぞれの建築を順番に見ていきます。まずは寒河江市役所。登録有形文化財の一覧表の説明には「建築家黒川紀章の初期の代表作。3・4階を張り出す構成で,スロープで上がる二階に吹抜けの市民ホール,一階に議場など,空間構成も巧みな戦後モダニズム庁舎。 」とあります。張り出している建物って大好き。カッコいい。

3階と4階が吊り構造で、赤い点々は建物を吊った先の留め具です。吊るって大丈夫なの?といまだに思ってしまいますが、要は横浜ベイブリッジとかの斜張橋と似た原理なのでしょうか。

印象的な玄関の取っ手。

中に入ると、どーんとした垂直の吹き抜け空間があり、中央には強烈な存在感を放つオブジェが。

四方八方に手足を伸ばした生命感みなぎる造形。天井からは自然光が降り注ぎます。

制作者は岡本太郎!(←行くまで知らなかった…)。ちなみにさっきの玄関の取っ手も岡本太郎作でした。このオブジェ「生誕」の下にある石には黒川紀章のほか、施工者や、椅子などを納入した天童木工の名前が刻まれます。そして、なぜか高島屋。

あらためて2階の市民ロビーです。休日なのに開庁していたのはラッキーでした。ところで、オブジェに光が灯っているのがわかりますか。職員さんが気をきかせて点けてくれたんです。

職員さんが庁舎に誇りをもっていらっしゃるのを嬉しく思う一方、少し残念だったのは前面にあった池が埋め立てられていたこと。雨水の受け口もちょっと素っ気なくなっていました。

山形の長閑な町を舞台にした黒川紀章、岡本太郎の2大スターの競演。しびれました。寒河江市民、そして職員さんが文化財登録を受けて、より庁舎への思いを強くしてくれればと期待します。

アクセス JR奥羽本線山形駅から左沢線に乗り換えて6駅目の寒河江駅で下車。そこから歩いて15分の距離に寒河江市役所は立っています。ちなみに電車はおおよそ1時間に1本なので注意が必要。運転席の窓からは出羽山地の雄大な景色が楽しめます。

東光園も一緒に書いちゃおうと思いましたが、長くなりそうなので、次の記事で。