京都・鴨川の7億円マンションが完成!

 

「分譲価格7億円超」で話題を呼んだ京都・鴨川沿いのマンション「ザ・パークハウス京都鴨川御所東」が完成していたのでレポートします。

 

 

ざっくりと「7億円超」と紹介されることが多いマンションですが正確には7億4900万円。切り捨ての数字で家1軒たつのがスゴイ。1995年以降では西日本最高価格だそうです。7億4900万円の住戸を含む第1期分は即日完売。全85戸が2017年6月下旬の入居開始を前に売り切れました。

 

強気の価格設定の理由は立地の希少性。鴨川沿いの土地が売りに出ること自体めったにありませんが、それがマンションとなると更にレア感が増します。2004年完成のディアステージ上京鴨川(多分…)以来13年ぶりのマンション供給となりました。

最高価格をつけた住まいは最上階の南東角でしょうか。鴨川はもちろん五山の送り火を正面に見ることができる287.23m2(3LDK)の住戸です。ちなみにマンションは本館「BIREI-美麗-」別館「AKATSUKI-暁-」で構成されていて鴨川と平行して立っているのは別館。超高額住戸は別館に集中していると思われます。

セカンドハウスとして購入する富裕層が多いようで、第1期分に関しては東京在住者が3割を占めました。最近、超有名歌手が京都にマンションを購入したと話題ですが、こちらのマンションも著名人の購入者がいるかもしれませんね。

 

敷地入り口はグルっと回って反対側。見えているのが本館「BIREI-美麗-」で、こちらは5階建てです。鴨川を眺望できる住戸は南向きの一部でしょうか。全てが億ションではなく、最安の部屋は4000万円台からとバリエーションある価格設定になっています。

 

三菱地所レジデンスの高級グレード「ザ・パークハウス」に「鴨川」と「御所」を付けた訴求力ある名称。全国河川ブランド力ランキングなるものがあれば鴨川が1位のような気もします。京都御所、京都御苑は歩いて2分ほど。

 

周辺は町家が点在するエリア。瓦屋根の町並みを見下ろすのもgood

 

敷地を囲む植栽も種類が豊富で、盆栽と見紛うような樹木もありました。

 

敷地から鴨川河川敷へは直接は出られませんが、脇を通る道からのアクセスが可能。マンション前面には桜が植えられているので満開時にはとびきりの贅沢感が味わえそうです。一方で、別館低層階では生い茂る桜が鴨川の眺望を遮ってしまうかも…と少し気になったりして。

 

鴨川沿いには遊歩道が整備されています。観光客などで混雑する三条、四条あたりとは異なり、地元民がベンチに座ってのんびりと過ごす光景が見られます。

 

瀬音が天然のBGMに

 

窓をあけると鴨川がある生活。一度は体験してみたいものです。