いたすけ古墳の朽ちた橋の物語

2017年7月、大阪にある「百舌鳥・古市古墳群」が世界文化遺産に推薦されることが決まりました。墳丘長486mの「仁徳陵古墳」(大山古墳)や同425mの「応神陵古墳」を筆頭に約50基で構成される古墳群ですが、そのなかに橋の痕跡が残る世にも珍しい古墳があります。それが今回取り上げる「いたすけ古墳」です。

いたすけ古墳は周囲を幅30mの濠で囲まれた5世紀中頃の前方後円墳。墳丘長は146mと百舌鳥古墳群の中で8番目の大きさを誇ります。この写真は史跡指定の石碑や公園などがある「正面」側。一見普通の古墳です。

一方の「裏」側。満々と水をたたえた濠の中程、古墳に似つかわしくないものが目に飛び込んできます。

それが、この朽ちたコンクリートの橋。

GoogleMapにもバッチリ写っています。

古墳と対岸とを繋ぐ橋が何のために架けられたか。ざっくり言うとそれは“古墳を壊すため”です。

昭和30年台初め、この「いたすけ古墳」を平らにして宅地を造成する計画がありました。墳丘の土砂を運び出すために橋が架けられたのです。

今では考えられませんが、古墳の破壊は当時珍しくありませんでした。ある文献で「保存が望みだけど民間業者の営利活動を止めるのも理不尽で可哀想だしなぁ」みたいな事を専門家の意見として見たことがあります。そんなゆるい時代でした。

百舌鳥古墳群だけでもかつて100基以上の古墳がありました。しかし、急速に進んだ宅地化の影響などで半数以上が消失。この橋が架けられたのと同じ頃には近隣の大塚山古墳(墳丘長168m)もその波に飲まれて姿を消しています。

いたすけ古墳も同様の運命を辿るはずでした。しかし、ここで新たな動きが生まれます。文化財の破壊を憂いた同志社大学の若い教授や学生が中心となって保存運動を展開したのです。

文化財が簡単に壊されていくことに疑問をもっていた人も多かったのでしょう。保存運動は市民や三笠宮崇仁親王(←戦時中にあって戦争に異を唱えた気骨ある御仁。先日亡くなられました)の後押しを受けて大きなうねりとなりました。世論の盛り上がりに堺市はいたすけ古墳の買い取りを決定。すんでのところで破壊を免れたのです。

市民をまきこんだこの動きは、全国の文化財保護運動の先駆けとして知られます。いたすけ古墳の事例が無ければもっと多くの古墳が失われていたに違いありません。

宅地化の計画は消えましたが、橋は残りました。何十年も風雨にさらされ続けたことで、木は腐食し、橋桁は重さに耐えきれずに崩落しています。

橋は負の遺産であり、保存を勝ち得たモニュメントでもあります。でも、そんなこんなが無くとも「古墳×朽ちた橋」の組み合わせは単純に何だか美しい。隠れた名スポットだと思います。

堺市は墳丘にしげった樹木の伐採と除草を計画しています。世界遺産登録にあわせて橋の残骸を完全撤去するなんて事も無きにしもあらずでしょう。この野趣あふれる姿が見られるのもそう長くないかもしれません。

【おまけ】

いたすけ古墳はこの保存を巡る物語よりも、タヌキが住む古墳として知られている気がします。10匹前後が暮らしていて、その愛らしい姿を頻繁に見せてくれるのだとか。